SakuraLive(サクラライブ)ライブチャットの料金やシステムなどについて徹底検証

SakuraLive(サクラライブ)ライブチャットの料金やシステム

SakuraLiveはアメリカ人やフィリピン人、ロシア人などの女の子が多いアダルトライブチャットです。

DTIグループの姉妹サイトであり、日本人2割、外国人8割の割合で外人が好きな子にはオススメできるサイト。

⇒SakuraLiveの公式サイトはこちら

SakuraLive(ライブチャット)の料金プランやオススメポイント

外国人とも過激なチャットができる!

SakuraLiveは海外運営で大手DTIグループが運営している【無修正ライブチャット】です。

他のアダルトライブチャットと違って外人の比率も高く、日本人にはない過激なチャットができます。

つまり、SakuraLiveを利用するべき方は、外国人とチャットをした方にオススメしているサイト!!

生粋の外国人向けのライブチャットと違って料金が安いことから、料金を押さえて遊びたいという人向けでおすすめ。

DTIグループが運営しているからこそ安全

SakuraLive(ライブチャット)は海外法人運営ですが、セキュリティの高さはトップクラス!

海外運営と聞いて不安になる方も多いと思いますが、

  • 10年以上の運営歴がある。
  • DXLIVEやカリビアンコムガールの姉妹サイト。
  • アダルトライブチャット業界では老舗。
  • 料金も完全前払い制で安心。

サイトもしっかりと(https:/)と暗号化されているので、個人情報が盗み取られることもありません。

クレジットカード決済代行会社は「DTIサービス社」を採用しており。アダルトサイト決済では大手中の大手でトラブルや不正請求などもトラブルは聞いたことがありません。

クレジットカード明細名には「DI SERVE」または「DTISERVE」のいずれかが記載されますのでサイト名やアダルトライブチャットを利用した事がバレる心配はありません。

SakuraLive(ライブチャット)の詳細情報

ジャンル無修正アダルトライブチャット
過激度評価(5段階)
女性の年齢層日本人2割・外国人8割
1分あたりのポイント1pt/分(2ドル)
無料お試しポイント2.400円分(クレジットカード登録が必要)
支払方法クレジットカード・銀行振込
クレジットカード明細名「DI SERVE」又は「DTISERVE」のどちからが記載。
クレジットカード決済代行会社DTISERVE社
パーティチャット・のぞきチャット1.2ポイント/1分
2ショット、2WAY(双方向)2.2ポイント/1分

SakuraLive(ライブチャット)の料金体系

初回に限り2.400円の無料お試しポイント
$50(約5.200円)25ポイント12ポイントサービス
$100(約10.400円)50ポイント13ポイントサービス
  • 米国に拠点があるのでドル建て決済になりますが、決済時には自動的に日本円で換算されます。
  • 料金の支払い方法はクレジットカードと銀行振込のみ

SakuraLive(ライブチャット)の入会手順

SakuraLiveは無料会員登録で【無料ポイント10ポイント】がもらえます。

無料ポイントは通常の料金を支払って購入するポイントとまったく同じで、SakuraLiveの全コンテンツを遊ぶことができます。

■SakuraLiveの登録方法

  • SakuraLiveの公式サイトより【入会する】
  • 【ID・パスワード・メールアドレス】を入力して登録完了

登録にはクレジットカード登録が必要になりますが、勝手に課金されたり不正利用されることはありません

SakuraLive(ライブチャット)の退会方法

SakuraLiveはポイントを先に購入して利用する前払い制のため、利用しなければ料金はかかりません。

そのため、特に退会手続きをする必要はありません。

全く使わないなどの理由から退会する場合は「退会フォーム」から退会することが可能。

SakuraLive(ライブチャット)の感想・評価

SakuraLive(ライブチャット)はアダルトライブチャットで不動の人気を誇るDXLIVEの姉妹サイトで外国人が8割以上を占めている無修正アダルトライブチャット。

無料待機映像では料金がかかることなく見ることができますし、1分あたりの料金も安いのが特徴なため安価にチャットをしたい方や外人とチャットをしたい方にはピッタリ”!!

機能面やイベントなどはDXLIVEよりは劣りますので、コンテンツ量を求めている人はあまりオススメできません。

遠隔操作できるバイブ機能のリモちゃやライブチャットを録画したい方は、明らかにDXLIVEのほうが満足できます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする